« コンビニ業界に激震必至ーー対セブンーイレブン訴訟、実質、コンビニオーナー側が逆転勝訴(続き) | トップページ | 福田首相の本音ーー消費税アップ発言の本当の狙いは「たばこ税」アップで基礎年金国庫負担分徴収。1箱500円が有力 »

2008.07.07

<書籍紹介>『電波利権』(池田信夫。新潮新書)

 最近、2011年の地上デジタル放送完全移行のテレビCMが大々的に流れ出し、また、第2東京タワー建設もいよいよ具体化し、地デジ移行は今更ながらだが、既定事実になっている。だが、本当に地デジ移行は必要不可欠なものかといえば、まったくそんなことはない。本書は2年以上前に出たものだが、あえて今回、紹介するのは、そのタイトル通り、地デジ移行は「電波利権」争いの結果以外の何者でもなく、その本質を本書以上に突いている書籍はその後も出ていないように思えるからだ。放送のデジタル化は確かに世界の流れではある。だが、ヨーロッパ諸国は地上デジタルではなく、衛生放送を使っている。こちらは地デジのように一部地域をカバーできないという問題は起きず、はるかに安上がりなのだ。それなのに、あえて地デジを選択したのは、これまた米国に倣え右した結果であり、その米国でも未だ普及率が伸びず失敗が明らかであるにも拘わらずだと著者の元NHK職員は指摘する。
2008年7月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« コンビニ業界に激震必至ーー対セブンーイレブン訴訟、実質、コンビニオーナー側が逆転勝訴(続き) | トップページ | 福田首相の本音ーー消費税アップ発言の本当の狙いは「たばこ税」アップで基礎年金国庫負担分徴収。1箱500円が有力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41759115

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『電波利権』(池田信夫。新潮新書):

» 原油価格の高騰で勉強できたこと [ろーりんぐそばっとのブログ]
原油の高騰が叫ばれて久しい。 ガソリン離れ(自動車離れ)が加速するのではないかという危機感を自動車業界の人は思っている。 この原油の高騰は投機マネーが流入しているから というのがもっぱらの悪人探しのマスメディアの結論だ。(+中国が... [続きを読む]

受信: 2008.07.10 12:59

« コンビニ業界に激震必至ーー対セブンーイレブン訴訟、実質、コンビニオーナー側が逆転勝訴(続き) | トップページ | 福田首相の本音ーー消費税アップ発言の本当の狙いは「たばこ税」アップで基礎年金国庫負担分徴収。1箱500円が有力 »