« 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) | トップページ | ABCグループ、ネクストジャパン、アトリウム、反社会グループの相関図が登場 »

2008.07.14

<心声天語>(33)クジラを食べる日本人は「野蛮人」

先日、動物愛護団体なる組織が世界捕鯨会議の会場前で「クジラを食べる日本人は野蛮人」とのプラカードを持ってデモ行進を行った。このニュースを米CNN放送が世界中に配信。その結果、「日本人=野蛮人」とのイメージが世界中にばら撒かれてしまった◆クジラを食べるから野蛮人とは、一方的な解釈である。国土が海に囲まれた民族にとってのクジラは、「野蛮人」のプラカードをもってデモ行進している人たちが食べている牛肉と同じ感覚でしかないのである◆世界には、約二百四十の民族が存在する。そして、それぞれの風習や習慣を軸に生きている。猿の脳味噌を食べる国、ナメクジを食べる国、猫や犬を食べる国まである。食文化とは、その土地の環境や風土の中で培われた知恵、なのである。それを、自分たちの食文化に照らして「野蛮人」とは、いい加減にしてほしいものだ。他の民族の食文化に“目クジラ”を立てる方が「野蛮人」に見えてくる◆クジラで「野蛮人」と名指しされるなら、犬やハトを食べる国はどうなるのだろう。クジラを食べる国のわれわれからみれば、平和のシンボルであるハトを食べる民族の方が野蛮人に思える。とくに犬やネコは…そう、それぞれの民族の「事情」なのである◆人類は大昔から、地球上のすべての動植物を食べてきた。「野蛮」という言葉をもってしても足りないぐらい残酷な生物、それが人間なのである。現に、人間を殺して切り刻んだり、その肉を食べたり、親が子を、子が親を殺している。これに比べると、クジラを食べるのは「文明人」に属するはずである。(和光)
2008年7月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) | トップページ | ABCグループ、ネクストジャパン、アトリウム、反社会グループの相関図が登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41832530

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(33)クジラを食べる日本人は「野蛮人」:

« 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) | トップページ | ABCグループ、ネクストジャパン、アトリウム、反社会グループの相関図が登場 »