« 海外ファンド「インペリアル」、行方不明の今津雅夫元社長の“国内拠点”を発見、直撃 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(165)株価が盛り返している上場不動産関連会社4社 »

2008.07.29

「昭和ゴム」巨額資金流出で重大な役目を果たしていたジャスダック上場「ビジネスブレイン太田昭和」前社長

「ビジネスブレイン太田昭和」といえば、コンサルや経理等の受託業務を行うお堅い企業というイメージがあり、ジャスダックに上場している。ところが、そんな同社社長を務めていた人物が、大揺れの東証2部上場「昭和ゴム」の巨額資金流出で重大な役割を果たしていた事実が明らかになった。6月18日、山田剛夫昭和ゴム社外監査役が、光ファイバー関連事業で会社に9億8000万円もの損害を与えたとして、千葉地裁に、重田衞社長など経営陣6名へ支払いを求めて訴訟提起したのは本紙でも既報の通りだが、その訴状には驚くべき事実が記載されている。公には、この光ファイバー関連事業損害金は、同事業を行う相手企業「オプティスパン」からの営業権取得資金3億5000万円+6億円の資金貸し付け=9億5000万円とされる。ところが、山田氏が監査役の権限を使って帳簿を調べたところ、実際に営業権を持っていたのは「デジットマスター」なる別会社で、3億5000万円は同社に振り込まれていたというのだ。さらに、それに先立ちデジット社の営業権などについて調べる調査委託契約費3000万円ということで、計9億8000万円。第3者が調査するならともかく、当事者なら、秘密保持契約を結んで無償で情報提供を受ければいい話。また、なぜデジット社当事者でなく、オプティス社との契約なのか。不可解としかいいようがない。上に掲げたのは、そのデジットマスターの現在登記簿。その役員の名前を見て驚くなかれーー。
2008年7月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 海外ファンド「インペリアル」、行方不明の今津雅夫元社長の“国内拠点”を発見、直撃 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(165)株価が盛り返している上場不動産関連会社4社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42004416

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和ゴム」巨額資金流出で重大な役目を果たしていたジャスダック上場「ビジネスブレイン太田昭和」前社長:

« 海外ファンド「インペリアル」、行方不明の今津雅夫元社長の“国内拠点”を発見、直撃 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(165)株価が盛り返している上場不動産関連会社4社 »