« 全国マンション建設トラブル巡り、初の全国代表者会議開催へ(学習院、西浅草でも紛争) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(13回)「交通(自動車交通関連)、旅行代理店」 »

2008.07.04

コンビニ業界に激震必至ーー対セブンーイレブン訴訟、実質、コンビニオーナー側が逆転勝訴

 本紙でも既報のように、本日、注目の判決があり、「最高裁は高裁へ差し戻した」とのことだ。最高裁は基本的に「法律解釈」と「違憲審査」だけをするところ。そうであるから、一方を排斥すれば選択肢が1つしか残らない場合(刑事事件)、憲法に明らかに違反し早急に上告人の救済が必要である場合のみ自ら判断するが、それ以外は差し戻す。したがって、今後、高裁で、原告であるコンビニオーナー側への逆転勝訴判決が出るものと思われる。となれば、この訴訟、コンビニオーナー側が、セブンーイレブンに対し、請求書などの経理書類などを渡すように求めたものだから、時間の問題で、そうなると思われる。そうなれば……。
2008年7月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 全国マンション建設トラブル巡り、初の全国代表者会議開催へ(学習院、西浅草でも紛争) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(13回)「交通(自動車交通関連)、旅行代理店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41737457

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ業界に激震必至ーー対セブンーイレブン訴訟、実質、コンビニオーナー側が逆転勝訴:

« 全国マンション建設トラブル巡り、初の全国代表者会議開催へ(学習院、西浅草でも紛争) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(13回)「交通(自動車交通関連)、旅行代理店」 »