« 思わぬ企業が筆頭株主にーー 田崎真珠、株価高騰の怪 | トップページ | <連載コラム>心声天語(24)ネズミの復讐 »

2008.06.12

注目されるVS明治安田生命の「不払い訴訟」、明日、結審予定

 本紙で以前、お伝えした、生保3位の「明治安田生命」を被告、建設関係の中小企業を原告とする生命保険を巡る「不払い訴訟」だが、明日6月13日に結審する模様だ(午前10時より。東京地裁609号法廷)。この間、争点が絞り込めていない面などもあり、第3者にはわかりづらい面があった。だが、ここに来てさすがに絞り込めたことに加え、お互いの主張の食い違う箇所も明確になったので、改めてこの訴訟が注目される理由と、その争点に関してお伝えしたい。簡単にいえば、明治安田生命は「告知義務違反」を理由に不払いとした。原告会社前社は痛風で、死因の心筋梗塞と因果関係にある病気であるにも拘わらず、保険加入時の健康診断で過去にその治療を行っていたことを告知してなかった。これだけ見れば不払いは当然だが、実は原告前社長が痛風治療を受けたのは保険加入後だから、それだけなら保険金はもらえた。だが、途中で毎月の保険料支払いが厳しくなり、減額を要求。その結果、まったく別の保険に入り直していた。痛風治療を受けたのはその再加入よりは前だったことから、明治安田生命は告知義務違反だと主張している。だが、考えて見て欲しい。いくら支払いが苦しいとはいえ、たかが月1万円ほど減額させるために、それまでに約4年半も支払いって来た保険料をほとんど無駄にし、しかもその間の加齢で保険料が高くなった別の保険に入り直すものか? しかも、実は単純に減額する(その場合、もちろんもらえる生命保険金額は減るが)ことは出来たのだ。この訴訟、原告側が本当に主張したいのは痛風の告知がどうこうではなく、明治安田生命側に何らかのメリットがあり、錯誤ないし欺いてわざわざ原告には損で無駄な新規契約を結ばせたのではないという点なのだ。これに対し、明治生命側は資金繰りに窮していた原告側は保険解約に伴う「解約返戻金」が欲しかったからだと主張している。もっとも、その額はわずか41万円。通常、こうした場合、言った、言わないで堂々巡りになる。だが、この訴訟では原告側には重要な“証拠”があった。前社長が死去し、保険金が下りないと告げられた後のことではあるが、原告は担当の生保レディーと再契約時の状況を確認する話し合いを持ち、その録音テープが存在する。それを聞くと、明治安田生命の主張とかなり異なっている。その内容だが……。
 2008年6月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 思わぬ企業が筆頭株主にーー 田崎真珠、株価高騰の怪 | トップページ | <連載コラム>心声天語(24)ネズミの復讐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41509463

この記事へのトラックバック一覧です: 注目されるVS明治安田生命の「不払い訴訟」、明日、結審予定:

» 因果関係 例 [卒業式予行 学校 登校 卒業式予行練習 授業]
知ってますかぁ〜〜こんなことすごい!!私だけですかね〜〜知らなかったのは・・・・・・・・・・・・嫌煙運動はユダヤの陰謀教福音派のセブンスデーアドベンチスト。一時朝鮮人の司祭がトップに就いてかなり信徒を減らしたらしい。地球温暖化とおなじでタバコと健康被害の....... [続きを読む]

受信: 2008.06.13 18:42

» 生保終了宣言・・・ [保険金・年金の不払い問題]
生命保険会社38社の保険料や給付金の不払い総額は910億円に上ることが先週発表されました.調べれば調べるほど膨らむ不払い金の総額ですが、あまりにも年金問題が社会問題として大きく取り上げられたために陰に隠れてしまった感があります。これには生保関係者はずいぶん助かったことでしょうね・・社保庁の記録漏れという人為的ミスもそうですが、体質ですねこれは・・額が巨大になりすぎて麻痺してしまっ�... [続きを読む]

受信: 2008.07.02 15:09

« 思わぬ企業が筆頭株主にーー 田崎真珠、株価高騰の怪 | トップページ | <連載コラム>心声天語(24)ネズミの復讐 »