« 「サハダイヤモンド」所有の「田崎真珠」株巡り、ついに事件化か | トップページ | 「アライヴコミュニティ」が福岡浩二元社長を告訴する背景 »

2008.06.19

<連載コラム>心声天語(26)四匹のネコ

友人のM社長から聞いた話だ。ネコの世界で「ネズミ撃退法大会」が開かれた。一番目に出てきたネコは、『私は一瞬にしてネズミを捕まえられる』と自慢した。次に出てきたネコは、『ネコの役目はネズミを追い払うこと。私が「ニャー」と鳴くだけでネズミを撃退できる』と言った◆大会が終わりに近づいた頃、三番目のネコが出てきて『みなさん。まだまだ修行が足りない。私の場合、縁側で寝ているだけで、ネズミが怖がって一里四方、寄り付かなくなる』と言った。そして最後に、長老ネコが涼しい顔で、『先ほどからネズミ、ネズミと言っているが、ネズミとは何のことか。生まれてこのかた、ネズミなど見たことがない』と言った◆このネコの話は、「世の中には上には上がいる。何事も傲慢になってはいけない」ということを戒めに重ねた、訓である。それにしても、ネズミを捕まえることを自慢したネコ、ネズミが寄り付かないことを誇ったネコたちは、長老ネコの言葉をどんな心境で聞いたことだろう◆ネコの世界と同じような光景が現代の社会でも繰り広げられている。とるに足りない学歴や家柄を翳して有頂天になっている人間、自分が一番だと得意に舞っている人間…こうした現象は、「上には上がいる」ことを悟らしてくれる長老ネコのような「師」がいなくなったからであろう◆人間、傲慢になったら嫌われる。ところが、人間っていうものは自分よりも上の存在がいることを忘れると、つい傲慢になってしまうものだ。人間の社会よりも、傲慢さを封じ込めてくれる「長老ネコ」がいる世界の方が、秩序ある健全な社会に思えてくる。(和光)
2008年6月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「サハダイヤモンド」所有の「田崎真珠」株巡り、ついに事件化か | トップページ | 「アライヴコミュニティ」が福岡浩二元社長を告訴する背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41579307

この記事へのトラックバック一覧です: <連載コラム>心声天語(26)四匹のネコ:

» オススメ・スポンサーサイト「派遣」 [売れる営業マンのノウハウ]
転職 支援| [続きを読む]

受信: 2008.06.19 15:28

« 「サハダイヤモンド」所有の「田崎真珠」株巡り、ついに事件化か | トップページ | 「アライヴコミュニティ」が福岡浩二元社長を告訴する背景 »