« “騒音国税局男(元マルサ)”、ついに書類送検に | トップページ | 顔写真、指紋採取強要ーー本紙・山岡の「抗議書」に対する警視庁高輪署の対応とは…… »

2008.06.06

逮捕された役員も株主、取締役のPCI香港子会社を発見

 東京地検特捜部が6月5日、世界的な建設コンサルタントグループ企業、通称、パシコンの海外主要企業「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)の元社長・森田祥太、取締役・渡辺行雄両容疑者を逮捕したのは既報の通り。容疑は法人税法違反容疑。PCIは政府開発援助(ODA)事業に絡んで、香港現地法人を使って裏金を捻出。それをODA事業の受注工作のため、外国政府関係者にワイロとして使用していた模様。裏金はPCIから架空名目で、香港現地法人に送金されており、それが脱税に当たる可能性が高いということのようだ。その香港で、本紙は今回逮捕された一方の渡辺容疑者が役員、株主であるだけでなく、PCIも株主である会社を発見した。(以下に謄本転載)
2008年6月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« “騒音国税局男(元マルサ)”、ついに書類送検に | トップページ | 顔写真、指紋採取強要ーー本紙・山岡の「抗議書」に対する警視庁高輪署の対応とは…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41443478

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕された役員も株主、取締役のPCI香港子会社を発見:

« “騒音国税局男(元マルサ)”、ついに書類送検に | トップページ | 顔写真、指紋採取強要ーー本紙・山岡の「抗議書」に対する警視庁高輪署の対応とは…… »