« 元横綱後援会関係者が本紙に断言。「八百長は、確かにあります」 | トップページ | 東京地検による西松建設強制捜索で浮かび上がる政治家と注目案件 »

2008.06.18

あの「三共」元天皇が、薬業会館ビル売却で暗躍か

 河村喜典氏といえば、医薬品大手「三共」(現・第一三共)で、サラリーマン社長でありながら、実に25年、84歳まで社長に君臨していた御仁。そのワンマンぶりは凄まじく、銀行員だった息子を途中入社させ、取締役にまでしたが、その息子が元副社長への強迫容疑で書類送検されるという不祥事を起こし、ようやく2001年、河村親子は同社を去った。だが、93歳となる現在も河村氏は元気で、自らがいまも代表取締役を務める東京都中央区の「東京薬業会館」所有ビルを「三井不動産」に売却すべく暗躍しているとの情報が入って来た。
2008年6月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 元横綱後援会関係者が本紙に断言。「八百長は、確かにあります」 | トップページ | 東京地検による西松建設強制捜索で浮かび上がる政治家と注目案件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41567126

この記事へのトラックバック一覧です: あの「三共」元天皇が、薬業会館ビル売却で暗躍か:

« 元横綱後援会関係者が本紙に断言。「八百長は、確かにあります」 | トップページ | 東京地検による西松建設強制捜索で浮かび上がる政治家と注目案件 »