« 東証は本気で株主の権利を守る気があるのか!? ついに“乗っ取られた”昭和ゴム | トップページ | <心声天語>(29)「家庭の事情で結構です」    »

2008.06.30

三峡ダムの放水をしないと、中国で2回目の大地震が発生する可能性がある

  執筆者=蔡篤俊(さい・とくしゅん)。1945年台湾生まれ。台湾中国警察大学卒後、台湾中央情報局勤務。75年来日し、明治大学法学部を経て、千葉大学医学部入学。91年順天堂大学精神科で医学博士取得。93年より渋谷区初台で蔡内科皮膚科クリニック開業。個人的に地震研究も行っている。 
  地震には主震と余震があり、主震に対して余震は通常1週間以内に100回程度起きます。また、その大きさは主震M7・9に対しM3~4が普通です。ところが、今回の中国四川大地震は主震8・0に対し、余震は4週間経ってもM6もあり、回数も実に6000回にもなります。これは地震の原動力がまだ減衰していない証拠です。そして、この地震の原動力は今回の場合、私は地殻の深処ではなく、むしろ揚子江の三峡ダムの巨大な貯水湖にあると考えます。しかも、これから中国は本格的な雨期を迎えます。そうするといま以上にこの貯水湖の原動力は大きくなり、結果、揚子江の貯水湖の圧力を減衰させない限り、2~3カ月後、つまり北京オリンピックのころ、四川省の(揚子江を挟んで)対向の河北省(北京も含む)にまた大きな地震が起こる可能性があります。その対策としては、揚子江のダムの徐々の放水しかありません。信じても、信じなくても、放水が救世主です。
 2008年6月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 東証は本気で株主の権利を守る気があるのか!? ついに“乗っ取られた”昭和ゴム | トップページ | <心声天語>(29)「家庭の事情で結構です」    »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41689198

この記事へのトラックバック一覧です: 三峡ダムの放水をしないと、中国で2回目の大地震が発生する可能性がある:

» サーマクールで美容治療 [サーマクールで美容治療]
あなたの肌は、快調ですか? この質問に自信を持って「Yes」と答えられる人はどのくらいいるのでしょうか。 世の女性に肌の悩みは尽きません。 [続きを読む]

受信: 2008.07.03 01:52

» 被災地復興道のり遠く=依然438人避難指示・勧告−岩手宮城地震14日で1カ月 [Newsブログ検索結果BLOG]
死者13人、行方不明者10人を出した岩手・宮城内陸地震は14日で発生から1カ月。道路網の寸断や河川の土砂ダムの傷跡は深く、両県では依然、160世帯438人に避難指示・勧告が出ている。仮設住宅への入居はようやく始まった。被災地の復興に向けた取り組みは、まだ緒に就いたばかりだ。 両県の被害額合計は約1493億円。県境の山間部に被害が集中し、岩手県奥州、一関、宮城県栗原の3市は、復旧事業に対する国の補助率がかさ上げされる...... [続きを読む]

受信: 2008.07.12 16:37

« 東証は本気で株主の権利を守る気があるのか!? ついに“乗っ取られた”昭和ゴム | トップページ | <心声天語>(29)「家庭の事情で結構です」    »