« 東証1部企業社員と偽り、山口組が「組事務所」賃借 | トップページ | <連載コラム>心声天語(22)小鳥とネズミ »

2008.06.04

注目の対セブンーイレブン訴訟、最高裁判決は7月4日に決定

 本紙でも既報のように、6月2日、異例の受理により、最高裁で対「セブンーイレブン・ジャパン」の『請求書等引渡請求事件』の口頭弁論があった。予定通り、午前10時から開廷され、まず原告側代理人の北野弘久日本大学名誉教授が約15分間に渡り上告趣旨を陳述した。1、2審では、原告とセブンーイレブンとの間の契約書には請求書などの経理書類を原告側に渡すとの取り決めがない、それをやるとセブンーイレブン側に大きな負担がかかるといったことから原告側の請求が退けられた。だが、北野氏はこの判決は「セブンーイレブン本部の詐欺、横領と言った犯罪行為=ピンはねを覆い隠す可能性があり」、それによる原告側の経済的損失は税法面も含め、憲法25条の生存権さえも脅かすことがあり得るなど、理論整然ながらも、痛烈に批難した。続いて1、2審の原告代理人でもある中村昌典弁護士が「陳述要旨」(以下に転載)、原告側の最後は原告の一人が「陳述書」(上写真)をそれぞれ読み上げた。
2008年6月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 東証1部企業社員と偽り、山口組が「組事務所」賃借 | トップページ | <連載コラム>心声天語(22)小鳥とネズミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41424903

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の対セブンーイレブン訴訟、最高裁判決は7月4日に決定:

» 福岡天神ビル [福岡天神ビル厳選情報]
やっと福岡天神ビルをお見逃しなく! [続きを読む]

受信: 2008.06.04 22:48

« 東証1部企業社員と偽り、山口組が「組事務所」賃借 | トップページ | <連載コラム>心声天語(22)小鳥とネズミ »