« <記事紹介>「欧州議会で9・11追及ーー藤田幸久議員同行記」(童子丸開。『真相の深層』08年夏号) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(157)原油高のなかの資源銘柄に異変か »

2008.06.16

<連載コラム>心声天語(25)浦島太郎の「竜宮伝説」

「浦島太郎」の伽話は、日本各地にある「竜宮伝説」の一つだ。『日本書紀』や『万葉集』にも浦島太郎の記述が見られる。助けた亀に連れられ竜宮城に行った浦島太郎は、美女たちに囲まれ酒池肉林の日々を過ごす。別れの日がやってきた。乙姫から玉手箱をもらった浦島太郎は、地上に戻って玉手箱を開けた瞬間、お爺さんになった◆浦島太郎が竜宮城で過ごした日は、どれぐらいの日数だろうか。「御伽草子」では、浦島太郎と乙姫は3年ほど一緒に暮らした、とある。また御伽草子の系統による記述には、「浦島太郎が竜宮城で過ごした日々は数日だが、地上では七百年が経っていた」と記されている◆われわれがこの世に生まれ出た意味は、授けられた時間をいかに生きるか、で決まる。ところが、時間の感じ方は状況によって違ってくる。苦しみや辛さと向かい合っている時の時間は、遅く感じられる。反対に、快楽に浸かっている時の時間は、すごい速さで過ぎ去ってしまうように感じられる◆今の世の中、浦島太郎のような人間がいっぱいいる。贅沢三昧の生活にうつつを抜かしている人間、旨いもの、美味しいものを食することが人生最大の喜びだとばかり、有頂天になっている人間、性欲に溺れている人間…酒池肉林以上の光景が繰り広げられている◆人間の一生は、瞬きするほどの『一瞬』でしかない。それだけに、貴重な人生を欲望や快楽だけに浪費していてはそれこそ、浦島太郎のように一瞬で老いてしまう…もしや、浦島太郎伝説の竜宮城とは、現代社会のことではないだろうか。(和光)
2008年6月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <記事紹介>「欧州議会で9・11追及ーー藤田幸久議員同行記」(童子丸開。『真相の深層』08年夏号) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(157)原油高のなかの資源銘柄に異変か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41547380

この記事へのトラックバック一覧です: <連載コラム>心声天語(25)浦島太郎の「竜宮伝説」:

« <記事紹介>「欧州議会で9・11追及ーー藤田幸久議員同行記」(童子丸開。『真相の深層』08年夏号) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(157)原油高のなかの資源銘柄に異変か »