« 昭和ゴム、労組が社長等に辞任要求書提出(他にも複数の動きが) | トップページ | 「昭和ゴム」取締役責任追及ーー社外監査役、光ファイバーに続き、自動車販売事業でも提訴(名誉毀損で刑事告訴も) »

2008.06.24

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(158)ゼネコンに激震が走りそうな環境汚染物質除去会社の重大疑惑

 環境汚染物質の除去は、いまやゼネコンを始めとする大手建設会社にとっても必要不可欠な要素だろう。アスベスト、ダイオキシンはその代表的なものだが、それら汚染物質除去も込みで工事を請け負うことが多いからだ。その方が受注しやすいからだろう。もっとも、自社でその専門部門を抱えていないところもあり、こちらの工事は下請けに出すケースは珍しくない。今回、重大疑惑が出ているのは、わが国を代表する多くのゼネコンなどからこれら工事を受注しているその分野の大手。同社幹部が最近、退社したが、その理由は何と「除去工事の大半はイカサマだったというのです。結果、良心の呵責に耐えられず辞めた」(関係者)というのだから驚きだ。
2008年6月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 昭和ゴム、労組が社長等に辞任要求書提出(他にも複数の動きが) | トップページ | 「昭和ゴム」取締役責任追及ーー社外監査役、光ファイバーに続き、自動車販売事業でも提訴(名誉毀損で刑事告訴も) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41635012

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(158)ゼネコンに激震が走りそうな環境汚染物質除去会社の重大疑惑:

« 昭和ゴム、労組が社長等に辞任要求書提出(他にも複数の動きが) | トップページ | 「昭和ゴム」取締役責任追及ーー社外監査役、光ファイバーに続き、自動車販売事業でも提訴(名誉毀損で刑事告訴も) »