« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第42回 芸能人の乱れた下半身事情(下)」 | トップページ | あの「三共」元天皇が、薬業会館ビル売却で暗躍か »

2008.06.17

元横綱後援会関係者が本紙に断言。「八百長は、確かにあります」

『週刊現代』の八百長報道に対し、日本相撲協会と力士ら計32名が、発行元の講談社と筆者に対し、朝青龍の6600万円など総額8億円近い損害賠償請求訴訟を提起し、現在、東京地裁で審議されているのはご存じの通り。来る10月3日には、朝青龍が横綱としては前代未聞のことだが、八百長報道に関して原告側証人として法廷の場に立つ予定。また、元二子山部屋のおかみさんで、貴乃花親方の母である藤田憲子さんが被告側の証人として出るのでは(もっとも、その後、藤田さん本人が否定)という報道もあり、一般の関心は高まってきている。そんななか、本紙は元横綱後援会関係者から、大相撲と八百長に関して興味深い証言を得ることが出来た。「国技」とも言われる大相撲。それだけに、仮にあったとしても、他のスポーツに比べ、極めて希なケースではないかと本紙としては漠然と思っていたのだが、その関係者は「他のスポーツ以上に頻繁に行われているんじゃないか」と語り、ある横綱のケースを具体的に取り上げてくれた。
 2008年6月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第42回 芸能人の乱れた下半身事情(下)」 | トップページ | あの「三共」元天皇が、薬業会館ビル売却で暗躍か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41562628

この記事へのトラックバック一覧です: 元横綱後援会関係者が本紙に断言。「八百長は、確かにあります」:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第42回 芸能人の乱れた下半身事情(下)」 | トップページ | あの「三共」元天皇が、薬業会館ビル売却で暗躍か »