« APF側との「基本合意書」入手ーー「昭和ゴム」IRで広報されていなかった驚愕事実 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡の取材メモ」第12回=うなぎ偽装、地震予知など。第11回=原発の耐震疑惑はオンデマンド中 »

2008.06.27

<記事紹介>「『不都合な真実』は温暖化ではない!? 塗り替わる『世界大飢饉』地図」(『サンデー毎日』08年7月6日号)

 発売中の毎日新聞社の『サンデー毎日』も、世界の“定説”と思っている人も少なくないだろう「地球温暖化の主犯は二酸化炭素」に関し、疑問を呈する記事を特集している。この二酸化炭素主犯説を契機に、石油を始めとするエネルギー資源の節約が進むことは自然環境保護の観点からも結構なことだ。だが、だからといって根拠の薄い説が罷り通っているとすれば、それは正す必要がある。同記事によれば、そもそも科学者の間では二酸化炭素主犯説には懐疑的な者が多いという。にも拘わらず京都議定書をやり、ゴア米国元副大統領とIPCCはノーベル平和賞を受賞した。これでは、ひょっとして二酸化炭素主犯説は、ここに来て見直されている原発推進派の陰謀では? とも思いたくなるというものだ。
2008年6月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« APF側との「基本合意書」入手ーー「昭和ゴム」IRで広報されていなかった驚愕事実 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡の取材メモ」第12回=うなぎ偽装、地震予知など。第11回=原発の耐震疑惑はオンデマンド中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41664372

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「『不都合な真実』は温暖化ではない!? 塗り替わる『世界大飢饉』地図」(『サンデー毎日』08年7月6日号):

« APF側との「基本合意書」入手ーー「昭和ゴム」IRで広報されていなかった驚愕事実 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡の取材メモ」第12回=うなぎ偽装、地震予知など。第11回=原発の耐震疑惑はオンデマンド中 »