« パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に | トップページ | <連載コラム>心声天語(17)日本人の几帳面さ »

2008.05.19

あの田塩享寛氏のミクシィ日記が終了に

 田塩享寛氏が「チャーリーTAKA」名で書いていたミクシィーの日記が、大人気だったにも拘わらず5月10日をもって終了した。本紙では約1年前、田塩氏がこの日記をやっている件を取り上げたことがある。田塩氏といえば、「ビーマップ」株を巡る事件で主犯とされる豊臣春国被告の投資指南役ともいわれ、「大盛工業」、「アイ・シー・エフ」、「アーティストハウスホールディングス」など“危ない上場企業”の大株主、また関連会社を売りつけるなどしていた御仁。だが、約2年前に突如、名前が聞かれなくなったと思ったら、活動の場を香港、マカオに移していた。それにしても、なぜ、終了なのか。それは……。
2008年5月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に | トップページ | <連載コラム>心声天語(17)日本人の几帳面さ »

コメント

一緒にご飯を食べさせていただく機会がありましたが、お酒が入るとなんとも人間性の低さが見えてきて・・・彼からの物件購入をやめました。

表面だけしか知らない人には、不動産のプロと移るようですが、実際には、人間的に大分問題ありのようですね。

マカオグローバルで働かれていて、実際に毎日一緒に仕事をしている方が、”口では良いように行っているが、結局は自分の利益しか考えていない。だから従業員にも嫌われている”との話を聞きました。

オンナには金を使うが、それ以外は相当なケチであるそうで、お金しか見えていないようななんとも頭の悪そうな彼女を連れてましたしね・・・

投稿: takashi | 2011.01.24 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41252981

この記事へのトラックバック一覧です: あの田塩享寛氏のミクシィ日記が終了に:

» マカオ投資危うし!?ユナイテッドワールド証券への行政処分の勧告が意味するものは? [投資と趣味の書評ブログ~新興国投資とFX、成功への道標~]
証券取引等監視委員会は先週、 SBIイー・トレード証券とユナイテッドワールド証券に 行政処分を行うよう、金融庁に勧告しました。 SBIイー・トレード証券はインサイダー取引防止のための 顧客管理が不十分だったようです。 そして、もう1社のユナイテッドワールド証券は ..... [続きを読む]

受信: 2008.05.19 16:48

« パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に | トップページ | <連載コラム>心声天語(17)日本人の几帳面さ »