« 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 »

2008.05.03

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(143)アーティストハウス、監査法人辞任以外にもきな臭い情報が

 5月1日、楽器販売などのマザーズ上場「アーティストハウスホールディングス」が、監査法人「ウィングパートナーズ」が一時監査法人を辞任すると発表したのは周知の通り。事業や資金計画について意見の相違があったためとしている。それにしても、本紙が4月28日、同社の現金8億円余りがごく短期間に銀行口座から引き下ろされていることに関して疑問を呈してわずか数日のこと。会社資金を巡って、大きな見解の相違が生じ、会社側の意見に従っていては事件に巻き込めれかねないと懸念しての可能性は十分ある。
 2008年5月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41080387

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(143)アーティストハウス、監査法人辞任以外にもきな臭い情報が:

« 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 »