« <書籍紹介>『偽装管理職』(東京管理職ユニオン・監修。ポプラ社) | トップページ | 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) »

2008.05.02

クオンツ、白杉派撤退の何故?

 4月30日、ジャスダック上場のファンド運営会社「クオンツ」のHPはIR広報に、昨年5月10日、同社が発行した総額45億円のMSCBを「二ッポン エクイティ パートナーズ」が引き受けたが、内40億円分を繰上償還および買入消却することで合意したと報じた。このMSCBを引き受けていたのは、本紙はこの間、何度も報じて来た山田恭太元社長派VS白杉恵子派のうちの後者。この権利を行使し、経営権を握ることは決して難しいことではなかったはずなのに、その大半の権利を手放したわけで、優勢だったにも拘わらず自ら撤退したわけで、これではいままでの攻勢はいったい何のためだったのと、不可解にも思える。この突然の方向転換、いったいどういうことなのか。
2008年5月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『偽装管理職』(東京管理職ユニオン・監修。ポプラ社) | トップページ | 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41061433

この記事へのトラックバック一覧です: クオンツ、白杉派撤退の何故?:

« <書籍紹介>『偽装管理職』(東京管理職ユニオン・監修。ポプラ社) | トップページ | 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ) »