« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅳ)「公社・役所」 »

2008.05.03

防衛利権フィクサー・秋山直紀氏が財団法人理事に送った「報告書」の内容

 本紙は5月1日、秋山直紀氏がこのGW、久間章生元防衛相らとペンタゴン詣でする件を取り上げた。そのなかで、この“防衛利権フィクサー”の人柄を知る上で重要と考え、かつて秋山氏は不動産会社を経営し、その時の工事代金支払いを詐欺紛いの手法まで使って逃げていること、その挙げ句、破産申立を受け、結果、(社)「日米平和・文化交流協会」の常務理事職の権限を失っていることを紹介した。これに対し、秋山氏は3月24日付で、「日米平和・文化交流協会」の各理事向けに、未だ専務理事の肩書きでもって、独自の見解を記した「御報告」なるA4版2枚の文書を送っていたことがわかった(以下にその文書を転載)。この内容は、何とも独善的かつ差別的なもので驚かされるのだ。
2008年5月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅳ)「公社・役所」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41080417

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛利権フィクサー・秋山直紀氏が財団法人理事に送った「報告書」の内容:

» 政治 リンク集 [政治 リンク集]
政治に関するRSS情報を定期的に集めているため、トラックバックをさせていただきました。 宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008.05.04 02:04

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅲ)「ギャンブル業、警察職員団体」 | トップページ | <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅳ)「公社・役所」 »