« <連載コラム>心声天語(18)寂しき母性 | トップページ | 恐喝未遂の被害で、県警に相談していた「NFKホールディングス」元社長 »

2008.05.22

明日の再入札の結果は? 南青山のUR所有地売却入札に談合疑惑浮上

「毎日新聞」が外資サーベラス子会社が地上げを進める上で組関係者に手数料を払ったと報道したり、地上げ関係者が逮捕されるなど、未だに地上げが完了しない都内一等地の問題案件ーーこの南青山3丁目の所有地を、都市再生機構(UR)が売却すべく(冒頭図参照のこと)、去る5月15日、入札が行われたのは「朝日新聞」(5月10日)でも既報の通り。もっとも、応札した3社の提示価格は最低落札価格を下回ったため、売却は決まらなかった。こうしたなか、本紙に興味深い有力情報がもたらされた。周知のように、この一帯の地上げはバブル時代、リクルート系不動産会社「ルシエル」が行っていたがバブル崩壊で頓挫、現在、この一帯のかなりの土地を所有しているのがUR、それにサーベラス系不動産会社。応札した3社に関して談合疑惑が出ているというのだ。
2008年5月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載コラム>心声天語(18)寂しき母性 | トップページ | 恐喝未遂の被害で、県警に相談していた「NFKホールディングス」元社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41289882

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の再入札の結果は? 南青山のUR所有地売却入札に談合疑惑浮上:

« <連載コラム>心声天語(18)寂しき母性 | トップページ | 恐喝未遂の被害で、県警に相談していた「NFKホールディングス」元社長 »