« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅷ)「 商社・エネルギー」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(148)有名若手公認会計士に関する「怪文書」が出現 »

2008.05.20

<記事紹介>「矢野絢也を窮鼠にした創価学会の脅迫と誹謗中傷」(『週刊新潮』5月22日号)

 発売中の『週刊新潮』が、矢野絢也元公明党委員長(76)が、5月12日、創価学会と幹部7名を相手取り、東京地裁に提訴したと報じている(4頁)。いうまでもなく、矢野氏は学会員でもあったが、提訴直前の5月1日、家族全員で退会届を提出。その上で、この間の学会による矢野氏に対する誹謗中傷、言論活動の中止や莫大な寄付を強要したなどとして、総額5500万円の慰謝料を請求したという。矢野氏側の代理人弁護士には、つい最近はロス疑惑の三浦和義容疑者の弁護をしているあの弘中惇一郎氏、日蓮正宗の代理人などが名を連ねている。
2008年5月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅷ)「 商社・エネルギー」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(148)有名若手公認会計士に関する「怪文書」が出現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41262964

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「矢野絢也を窮鼠にした創価学会の脅迫と誹謗中傷」(『週刊新潮』5月22日号):

» 栄養士 [栄養士]
栄養士についての議論です。ご協力よろしくおねがいします。 [続きを読む]

受信: 2008.05.21 14:40

» 死刑へカウントダウン:殺人鬼の三浦和義 [Happy Holiday のブログで事件です]
実行犯(狙撃犯)が特定されず、証拠不十分として、無罪判決の残念な結末となったロス疑惑。 その無罪判決の内容は、「 無実潔白の白色 」 だったということではなくて、 最高裁の裁判長の心証には、「 ドス黒い色を帯びた灰色 」 が浮かびあがったそうである。 そんな1981年に起きた狙撃殺人事件について捜査を継続していたロス市警が とうとう実行犯(狙撃犯)を特定した模様である。 ジミー・サコダ(佐古田)元ロス地方検事局首席捜査官の会見(日本時間2008.3.1)で明らかにされた... [続きを読む]

受信: 2008.06.09 13:45

» 千鶴子さん殺人事件:殺人鬼の三浦和義 [Happy Holiday のブログで事件です]
殺人鬼の三浦和義の知人である白石千鶴子さんが、ミイラ化になった死体となって、アメリカのロスで発見された。 警察の捜査で、殺された千鶴子さんの通帳から退職金などが、殺人鬼の三浦和義によって引き下ろされたことが判明した。 これは、明らかに犯罪である。 千鶴子さん殺人事件についても、司法は正義を全し、真実を発見しなければならない。 ... [続きを読む]

受信: 2008.06.09 13:46

» 殺人鬼の三浦和義は処罰されるべきと思う [Happy Holiday のブログで事件です]
 殺人鬼の三浦和義容疑者がアメリカ自治領のサイパンで逮捕された。  FBI(連邦捜査局)が新証拠を発見との報道がなされたが、公式の会見は、ロス市警のみであり、FBI(連邦捜査局)の新証拠については言及されなかった。  新証拠が発見されたとなると、日本には再審の制度が認められている。これまでにも、無実の者が有罪判決にされ、再審の制度で、冤罪を勝ちとっているが、今回のケースはその逆である。  殺人鬼の三浦和義は、殺人罪などの容疑者として起訴されたが、 未だに、実行犯(狙撃犯)が特定さ... [続きを読む]

受信: 2008.06.09 19:21

» サイパン地裁は保釈<NO!>:殺人鬼の三浦和義 [Happy Holiday のブログで事件です]
あ・た・り・ま・え [続きを読む]

受信: 2008.06.09 19:21

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅷ)「 商社・エネルギー」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(148)有名若手公認会計士に関する「怪文書」が出現 »