« ご注意!! 「中国版権ビジネス」詐欺の主犯は「ぱちモルガン」元幹部 | トップページ | イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? »

2008.05.15

<連載コラム>心声天語(16)信じることとは

昔、南米の村に岩山がありその岩山には、人間の顔に似た岩面が掘られていた。古来の人が掘ったのかそれとも、自然にできたのかは定かではなかった。村では、岩面の顔に似た人物が現れると村に幸運がもたらされるという「伝説」が言い伝えられてきた。しかし、村人たちは、「伝説」だとして誰も信じなかった◆ある日、ひとりの少年が岩山を眺めていた。この少年は、幼い頃から村に伝わる「岩山の伝説」を信じていた。いつかきっと、岩の顔に似た人物が村に現れることを信じて来る日も来る日も、岩を眺めにやってきた◆歳月は流れ、少年は青年になった。ある日のこと、いつものように岩山を眺めていた青年の周囲に村人が集まってきた。そして青年の顔を見て驚いた表情をした。そこで青年は『私の顔に何か……』と村人たちに尋ねた。村人たちは『貴方こそ岩山の顔の人です』と言った◆「夫婦は似てくるもの」という言葉がある。この青年も夫婦と同じく、小さい時から岩を眺め続けているうちに岩の顔に似てしまったのだろう…いや、もしかしたら、何かの意思が、伝説を信じ続ける少年の心に打たれ「村に幸運をもたらす人間」に少年を指名したのかもしれない◆人間は、知識や常識に基づく根拠で信じるか信じないかを判断する。しかし、この世には、人間の知識では図れない、量れない現象がいっぱいある。また、その時は信じられないことでも後日には、それが真実であったりすることも少なくない。本当の「信」とは、信じるに足る根拠や確証を求めることでも、心情にて調整するものでもない。「本当の信」とは、岩山の少年ではないが「願い」であり「祈り」なのである。(和光)
2008年5月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ご注意!! 「中国版権ビジネス」詐欺の主犯は「ぱちモルガン」元幹部 | トップページ | イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? »

コメント

パンチラ事件はパーティの終わりに起こった。ほろ酔い状態のまま車に乗り込もうとしたエマ・ワトソン。黒いミニのノースリーブドレスを着たエマが車に乗り込む瞬間のスカートの中を、パパラッチ。

エマは下着を履いていたが、黒い縞模様のシースルーパンティからは・・・

http://gw112008.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: エマ・ワトソン(ハーマイオニー) けしからんパンチュから具が丸見えに! | 2008.05.15 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41215613

この記事へのトラックバック一覧です: <連載コラム>心声天語(16)信じることとは:

« ご注意!! 「中国版権ビジネス」詐欺の主犯は「ぱちモルガン」元幹部 | トップページ | イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? »