« クオンツ、白杉派撤退の何故? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(143)アーティストハウス、監査法人辞任以外にもきな臭い情報が »

2008.05.02

仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ)

 ヘラクレス上場の新築マンション室内コーティング総合施行会社「アライヴコミュニティ」といえば、昨年7月、新株予約権で総額60億円の資金調達を発表すると共に10株を1株に併合するという、“危ない上場企業”における究極の“錬金術”を行い、大証から「要注意」を受けたのは本紙でも既報の通り。いまや株価はこの行使価格だった2万円ほどになり、転換する旨みはなくなってしまっている。こうしたなか、本紙はこの一連の“錬金術”の裏側を垣間見ることができる内部資料を入手した。60億円の資金調達を発表する前、07年2月、アライヴは約3億円の新株と、総額20億円になる新株予約権を発行した。この新株予約権を引き受けたのは「フォレスト・フォールディング」という実態不明の会社。当時、本紙は同社のオーナーは仕手大物・松尾隆氏ではないかと報じたが、それが事実だったことは、下記に掲げた公証人役場の判子が押された松尾氏直筆の文書が証明している(フォレストの銀行通帳コピーも以下に掲載)。
2008年5月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« クオンツ、白杉派撤退の何故? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(143)アーティストハウス、監査法人辞任以外にもきな臭い情報が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41067723

この記事へのトラックバック一覧です: 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅰ):

» 2億を作った仕手株投資法の秘密とは・・・ [仕手株で2億を作った男の仕手株注目銘柄発掘法]
まず初めに私の株式口座画像をご覧ください。これらをはじめ私が2億円以上のお金を市場から奪ったのか・・・その手口の全てを公開させていただきます2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・※この画面の残高は2億ではありませんがこの他に2つの銀行口座があり(後で1つは公開します)それらの合計残高をすべて足すと有に2億円を超えます。2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・... [続きを読む]

受信: 2008.05.07 12:51

» 株価 [ぶしょうの日記]
ヘラクレスのブロードメディア(4347)の騰勢が一服 本日は手仕舞い売りが優勢に... [続きを読む]

受信: 2008.05.09 12:56

« クオンツ、白杉派撤退の何故? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(143)アーティストハウス、監査法人辞任以外にもきな臭い情報が »