« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第41回 芸能人の乱れた下半身事情」 | トップページ | パシコン捜査でも名前が出るゼネコン談合屋 »

2008.05.13

<連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅷ)「学校、医療・社会福祉」

 さて、この連載8回目は「学校、医療・社会福祉」を取り上げる。これまで同様、天下りの実態を写真週刊誌『フラッシュ』(4月29日号)でレポートしたジャーナリスト・寺澤有氏に話を聞いた。ーー学校は有名どころでは青山学院と学習院が目を引きます。警備員として警視庁OBを天下りさせていますね。なぜ、ここなのでしょうか?「単なる警備なら警備会社と契約したほうが便利なはず。その点、今どき、学生運動などすたれてはいますが、皆無ではありません。やはり警察と情報交換するための要員ではないかと見ています。
2008年5月13日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第41回 芸能人の乱れた下半身事情」 | トップページ | パシコン捜査でも名前が出るゼネコン談合屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41196179

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅷ)「学校、医療・社会福祉」:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第41回 芸能人の乱れた下半身事情」 | トップページ | パシコン捜査でも名前が出るゼネコン談合屋 »