« 三菱東京UFJ銀行ーーシステム統合トラブルで、飛び出てきたトップ責任論 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に »

2008.05.17

当局が架空増資容疑で注目の“危ない上場企業”

 当局が架空増資容疑で注目している“危ない上場企業”の存在が明らかになった。関係者によれば、すでに周辺者への事情聴取をかなり行っている模様だ。その架空増資の協力者が、1年以上も前に報告義務が発生していた大量保有報告書の「変更報告書」、「訂正報告書」を今年5月に入って突如、出している。これも当局の動きを察知してのことかも知れない。その上場企業とは……。
2008年5月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 三菱東京UFJ銀行ーーシステム統合トラブルで、飛び出てきたトップ責任論 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41230576

この記事へのトラックバック一覧です: 当局が架空増資容疑で注目の“危ない上場企業”:

« 三菱東京UFJ銀行ーーシステム統合トラブルで、飛び出てきたトップ責任論 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長が、特別背任で起訴に »