« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅵ)「宝石販売、人材派遣、葬祭」 | トップページ | <内部告発>パシコンの旅費不正請求、架空請求疑惑 »

2008.05.07

仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅱ)

 前回、ヘラクレス上場の新築マンション室内コーティング総合施行会社「アライヴコミュニティ」が07年2月、発行した総額20億円になる新株予約権は、仕手筋の松尾隆氏が窓口となり、投資家から株式転換資金を徴収。その一部、判明しているだけでも約3億5000万円をアライヴ側に納めず、「横領」した疑惑が出ていることを、松尾氏直筆の証拠文書を提示して取り上げた(今回、さらにもう一枚の「文書」を以下に転載)。さて、こうした事態となり、これを許した福岡浩二社長は責任をとって07年3月、代表を辞任(現在、復帰)したのだが、そんななか、新たな資金元として登場したのが東証2部の「菱和ライフクリエイト」代表を追わされた西岡進氏だった。「松尾氏の横領分を西岡氏が補填します。そして“予定通り”、追って7月には60億円にもなる新株予約権を新たに発行することを発表。しかも併せて10併合(9月1日。新株予約の転換は9月3日より)を実施します。西岡氏にすれば、菱和ライフの創業者として資産を築いており、それで持って実質、上場企業社長に返り咲きたいという思いがあったのでしょう」(事情通)。この60億円は第3者引受で、「EASTERN ALLIANCE ENTERPRISES LTD」という香港に本社を置く投資会社と、「バリュー・アップ」(東京都豊島区)という不動産コンサル会社。
 そして前出・事情通によれば、2社ともあくまで引き受けるためのハコに過ぎず、実際に前者の資金を出しているのは西岡氏、そして後者はまたしても松尾氏だという。
2008年5月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅵ)「宝石販売、人材派遣、葬祭」 | トップページ | <内部告発>パシコンの旅費不正請求、架空請求疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41126958

この記事へのトラックバック一覧です: 仕手筋のオモチャにされた「アライヴコミュニティ」資金調達の裏事情(Ⅱ):

» ファンド・不動産・その他 | 情報商材・評価ランキング10-分野別- [情報商材・評価ランキング10-分野別-]
ファンド・不動産・その他の情報商材の評価が初心者でもすぐ分かるランキングです。 [続きを読む]

受信: 2008.05.07 23:59

» 常勝できる個人投資家は・・・ [仕手株で2億を作った仕手株注目銘柄発掘法]
私はこの数年間。本当にいろいろなことを経験して本マニュアルを作りあげました。 「株の初心者でも私と同じように短期暴騰銘柄を見分け、今後永続的に資産を増やし続けるためにはどうしたら分かりやすくこの技術を伝えることができるのだろうか?」 という疑問から始まり、 ・ 株初心者が何の知識も持っていなくとも何の用語も知らなくとも一切迷うことなく短期間で多額の現金を手に入れる方 それを徹底的に目指し本マニ ... [続きを読む]

受信: 2008.05.23 21:10

« <連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅵ)「宝石販売、人材派遣、葬祭」 | トップページ | <内部告発>パシコンの旅費不正請求、架空請求疑惑 »