« イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? | トップページ | 当局が架空増資容疑で注目の“危ない上場企業” »

2008.05.16

三菱東京UFJ銀行ーーシステム統合トラブルで、飛び出てきたトップ責任論

三菱東京UFJ銀行の新システム稼働に伴うとみられるATM障害が、去る5月12日、発生したのは大手マスコミ既報の通り。こうしたなか、このシステム統合を「すべて東京三菱に片寄せする」決定をした畔柳信雄・東京三菱UFJ銀行会長の責任を問う声が出てきている。旧東京三菱のシステムは日本IBM、旧UFJはNTTデータと日立製作所が担当していた。そして、すべて東京三菱に片寄せということで今回の総費用約4000億円ともいわれる「日本最大のシステム開発プロジェクト」の最大利権を得たのは当然ながら、日本IBMということになった。
2008年5月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? | トップページ | 当局が架空増資容疑で注目の“危ない上場企業” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41226919

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱東京UFJ銀行ーーシステム統合トラブルで、飛び出てきたトップ責任論:

» そうか!東京の恥ずかしい情報 [東京の驚き最新情報!]
元気にしてますか?本日も行ってみましょう!さあ、本日も東京に関する情報かんがん行... [続きを読む]

受信: 2008.05.17 03:00

« イ<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(146) インデックス、アーティストハウスなどへの資金注入で名前が出る有名金主が引退か? | トップページ | 当局が架空増資容疑で注目の“危ない上場企業” »