« “ミニ・シルバー精工”化した出版社「グラフ社」 | トップページ | <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 »

2008.04.18

本紙・山岡取材の「沖縄防衛利権」巡る談合疑惑記事を、「名誉毀損で訴えない」と答弁していた名護市長

 今年3月17日の沖縄県名護市3月定例会で、本紙・山岡が取材した『週刊朝日』(07年10月16日発売)などの名護市発注の北部振興関連事業に関する談合疑惑などについて言及している記事について、島袋吉和市長は名誉毀損で訴えることについて、「市としては関与することは考えていない」と否定していたことが、関係者からの指摘でわかった。屋部市議は、この前に、記事で指摘のような疑惑はないかと質問。これに対し、島袋市長は「疑惑については一切ないと確信している」と述べたにも拘わらずで、整合性がないといっていいだろう。こんな不可解な答弁をするのは……(以下に複数のチャート図掲載)。
 2008年4月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« “ミニ・シルバー精工”化した出版社「グラフ社」 | トップページ | <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40916754

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙・山岡取材の「沖縄防衛利権」巡る談合疑惑記事を、「名誉毀損で訴えない」と答弁していた名護市長:

« “ミニ・シルバー精工”化した出版社「グラフ社」 | トップページ | <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 »