« 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(続報) »

2008.04.25

いよいよ当局が動き出した「クオンツ」中野治社長等のインサイダー疑惑

 ジャスダック上場のファンド運営会社「クオンツ」は本日午後、取締役会を開催予定だが、中野治社長の動向が注目されている。「まさか欠席することはないと思うが、ここしばらく行方が知れないんです。なぜか? それはこの間、発覚したインサイダー取引疑惑や、元特別顧問による子会社への不正送金指示に従い、未だその清算をしていない件などで釈明を求められることが必至だからです」(関係者)。これら疑惑に関し、当局もすでにアウトラインを把握しており、捜査する方向だという。また、クオンツ社内に社外コンプライアンス委員会を設ける動きもあり、すでに何名かの検察、警察OBの候補者名も上がっている。
2008年4月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40986183

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ当局が動き出した「クオンツ」中野治社長等のインサイダー疑惑:

« 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(続報) »