« 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 | トップページ | 明日開催のアーティストハウス臨時株主総会で、仰天の取締役決定の可能性も »

2008.04.20

<書籍紹介>「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」(日隅一雄。現代人文社)

 元産経新聞記者で、現在、弁護士の著者による、日本のマスメディアが、いかに他の先進国に比べて権力側の直接、間接による規制でかんじがらめにされているか実態を紹介した解説本。したがって、サブタイトルは「権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する」となっている。その一つが、「電通」などの広告代理店を通じての規制。他の国では、例えばトヨタと日産自動車の広告を同じ広告代理店は取れない。利益相反行為になるからだが、わが国では異常なことにそれが許されている。結果、電通のような巨大広告代理店が出現できたわけだ。それでもわが国にはまだこうした規制の少ない週刊誌を始めとする雑誌ジャーナリズム、本紙のようなインターネットを活用した媒体もある。ところが、それをも規制しようといま政府は検討しており、それに対する警告をするため緊急出版したと著者は言う。
2008年4月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 | トップページ | 明日開催のアーティストハウス臨時株主総会で、仰天の取締役決定の可能性も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40941451

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」(日隅一雄。現代人文社):

« 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 | トップページ | 明日開催のアーティストハウス臨時株主総会で、仰天の取締役決定の可能性も »