« <連載コラム>心声天語(11)「ブスの定理」 | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) »

2008.04.24

東京・渋谷駅周辺で進む地上げの闇

 本紙は今年4月11日、東京はJR渋谷駅にほど近い桜丘町において、駅前再開発の関係で土地が“化ける”可能性があり、すでに地上げが始っていること、その動きのなかでバブル時代を思い出させるような暴力的地上げが行われていた事実を紹介した。現役の暴力団組員がビルの賃借人を威圧し、この雑居ビルの入り口ドアが持ち去れる事件も発生。警視庁渋谷署も関心を持っている。こうしたなか、最終的にこの一帯の地上げ地をすべて購入する動きがあるのが、東証1部に上場している大手不動産会社と思われる。そこで、同社に以下のような質問状を出した。本日、それに対する回答文書が来たので、両方を以下に転載する。本紙がこの大手不動産会社がすべて購入すると見るのは、暴力団が登場したビル(今年3月)だけでなく、この地上げ対象地一帯の他の部分も購入(06年11月)。そこを駐車場として使用しているだけでなく、まだ取り壊していない購入ビル1階には、「渋谷地区再開発 コンサルティング」とのネームが入り口ドアに入った不動産コンサル会社が入居しているからだ。そして……。
2008年4月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載コラム>心声天語(11)「ブスの定理」 | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40984086

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・渋谷駅周辺で進む地上げの闇:

« <連載コラム>心声天語(11)「ブスの定理」 | トップページ | 4・26北京五輪聖火リレーの裏側(於:長野) »