« <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有。『フラッシュ』08年4月29日号) | トップページ | 東京地検に告発、受理されていた石原慎太郎都知事の疑惑 »

2008.04.17

<連載コラム>心声天語(9)光と闇

 世界的なベストセラー「神との対話」の中で、光が神に尋ねる一節がある。『神様、私の姿が見えません。私は一体、何者でしょうか』。光の質問に神は、『自分の姿が見たければ闇の世界に行ってごらん。そこに行けばお前が何者であるかわかるはずだ』と答えた◆光は闇の世界にいって初めて、自分が輝いていることを知ることができる。神は、光を愛するがために闇を創ったのだろう。闇の存在がなければ光の存在はありえない。闇は光と同じぐらい重要な存在でもある。すべては相対することで存在している。ところが今の時代、闇の部分がどんどん広がっている◆先進国では毎日、膨大な食物が捨てられる。その量は、地球上で餓死する全ての人間を救っても余りある。また、地球上で使われるエネルギーの80%は、地球上にいる20分の1にも満たない人間たちによって消費される。親子が殺しあい民族がいがみ合う世の中、どこを探しても光の存在を発見することはできない。無理もない。人間どもは、光の存在を気にもかけずして、ことさら闇を愛し続けている。闇の勢いをこのままにしておくと光さえも閉じ込める「ブラックホール」になってしまう◆そう遠くない日、今度は、闇が神様に『神様、私の姿が見えません』と尋ねるに違いない。すると神は、闇を創ったことを後悔しつつ『お前の存在は光なくしてあり得ない。ところがお前は、光を追い出してしまった。もはやお前は、自分の姿を永遠に見ることは出来ないだろう』と、すべての存在を無にしてしまうかもしれない。(和光)
2008年4月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有。『フラッシュ』08年4月29日号) | トップページ | 東京地検に告発、受理されていた石原慎太郎都知事の疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40907690

この記事へのトラックバック一覧です: <連載コラム>心声天語(9)光と闇:

« <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有。『フラッシュ』08年4月29日号) | トップページ | 東京地検に告発、受理されていた石原慎太郎都知事の疑惑 »