« <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 | トップページ | 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 »

2008.04.19

「第3者割当巡る旧日本ファーネス工業等の資産収奪でいよいよ窮地のブローカーたち」

 本日、「読売新聞」が一面トップで大々的に報じているように、西田晴夫被告(すでに別件で逮捕)の“番頭”とも言われていた本多俊野、宮城和良両氏にもいよいよXデーが迫っているようだ。旧日本ファーネス工業(現NFKホールディングス)、「クオンツ」、「井上工業」という資金繰りが厳しい上場企業の窮地に付け込んで第3者割当増資を持ちかけ、高額の手数料を取るだけでなく、これによりようやく集めた資金のかなりを出資名目で騙取したとあっては罪に問われて当然だろう。ちなみに、本多氏等はすでにNFKホールディングス側から昨年5月、総額約15億円の損害賠償を求めて民事提訴されている。 2008年4月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 | トップページ | 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40928574

この記事へのトラックバック一覧です: 「第3者割当巡る旧日本ファーネス工業等の資産収奪でいよいよ窮地のブローカーたち」:

« <主張>「福田首相が言い出した“道路特定財源一般財源化”のまやかし」 | トップページ | 「インデックスHDが流出させた学研株回収巡り、暴力団組長等が恐喝未遂で逮捕に」 »