« 「帰宅したら玄関ドアが無くなっていた!」ーー東京・渋谷で進む地違法上げの背後に大手不動産会社の陰 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長、1・2審で“嫌がらせ訴訟”の判決にも拘わらず、なお上告 »

2008.04.11

<書籍紹介>「夢のまた夢 ・ナニワのタニマチ・」(泉井純一。講談社)

 本紙でも以前報じた予定日よりは少し遅れたようだが、4月14日、バブル時代に石油転がしで儲けたカネを、政財界などにバラ撒いていた泉井純一氏の暴露本が出るという。その額、約60億円とも言われるが、いったい誰にバラ撒かれ、その際、もらった方はどういう態度を取り、泉井氏が汚職事件で逮捕され、落ちぶれた後はどのような変化が見られたのか。タカッた者たちの裏の素顔と、地下コネクションを炙り出す。
2008年4月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「帰宅したら玄関ドアが無くなっていた!」ーー東京・渋谷で進む地違法上げの背後に大手不動産会社の陰 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長、1・2審で“嫌がらせ訴訟”の判決にも拘わらず、なお上告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40848897

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「夢のまた夢 ・ナニワのタニマチ・」(泉井純一。講談社):

« 「帰宅したら玄関ドアが無くなっていた!」ーー東京・渋谷で進む地違法上げの背後に大手不動産会社の陰 | トップページ | パシコン・荒木民生元社長、1・2審で“嫌がらせ訴訟”の判決にも拘わらず、なお上告 »