« <主張>「最高裁、防衛庁官舎への自衛隊イラク派遣反対ビラ配布で逮捕、75日拘留は合憲と認定」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(142)データプレイスが提携した相手先企業が話題に »

2008.04.16

大甘だったわが国原発の耐震性基準ーー存在しなかった活断層が次々と発見されるカラクリ

 4月1日、全国紙にわが国原発の耐震性再評価の結果が載った。国は2006年9月、28年ぶりに原発の耐震設計審査指針を改定。それに基づき、すでに6事業者が報告済みで、3月31日に出された「東京電力」、「関西電力」などの報告で原発12業者すべての原発を地震が襲った場合の想定される揺れの最大値(単位ガル)が出揃ったことになる。今後、国はこの業者側の再評価で問題ないか検討していく。この再評価を見て驚かされるのは、その想定される最大値が18原発すべてで、これまでの想定の1・2~1・6倍と上回っている事実。有り体にいえば、これまで大甘に見ていたことが証明されたわけだ。なぜ、こんなことが起きるかと言えば、これまで原発の近くには存在しないとされた活断層が発見されたり、存在することはわかっていたがその活断層の長さがもっと長かったことが新たにわかったからだ。本当にこれまでの技術等ではわからなかったのなら致し方ないが、冒頭の朝日新聞記事にも出ているように、活断層の専門家からいえば、「地質学の基本をねじ曲げた解釈」、あるいは「専門家がやったとすれば犯罪」と言わざるを得ないような、原発業者の耐震コストをできるだけかけないように配慮しているとしか思えない「専門家」がいて、その者が原発の近くに存在する活断層を「ない」、あるいは活断層の長さを「短め」とし、それに基づいて耐震性の最大値をはじき出しているのだから当然の帰結なのだ。そんなバカなと思われるかも知れないが、そのカラクリを暴いた本が、すでに昨年末に出ている。それは……。
2008年4月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>「最高裁、防衛庁官舎への自衛隊イラク派遣反対ビラ配布で逮捕、75日拘留は合憲と認定」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(142)データプレイスが提携した相手先企業が話題に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40893414

この記事へのトラックバック一覧です: 大甘だったわが国原発の耐震性基準ーー存在しなかった活断層が次々と発見されるカラクリ:

« <主張>「最高裁、防衛庁官舎への自衛隊イラク派遣反対ビラ配布で逮捕、75日拘留は合憲と認定」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(142)データプレイスが提携した相手先企業が話題に »