« インデックス恐喝未遂事件の裏側(3)ーー学研株流出犯身柄確保の真相 | トップページ | <連載コラム>心声天語(13)醜いアヒルの子 »

2008.04.30

アーティストハウスの不可解な3億円仮払い

 まず、4月28日早朝の本紙報道に関し、マザーズ上場「アーティストハウスホールディングス」が同日午後、「事実無根」との見解を出したので、これに関して反論しておきたい。新口座に資金異動したというのだが、本紙の情報源によれば、同じ銀行の同じ支店内の新口座に異動させたとのことだが、実際にそこに約8億円がプールされていることは確認されていないとのことだ。また、資金異動なら、振込手続きをとれば済む話なのに、なぜ、わざわざ巨額の現金を卸すというひじょうに面倒な手続きを取ったのか不可解というしかない。一方、当日早朝、関係者が東京証券取引所に出向き、取引停止を要請したのは紛れもない事実だ。ところで、以下の領収証のように……。
2008年4月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« インデックス恐喝未遂事件の裏側(3)ーー学研株流出犯身柄確保の真相 | トップページ | <連載コラム>心声天語(13)醜いアヒルの子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41048690

この記事へのトラックバック一覧です: アーティストハウスの不可解な3億円仮払い:

« インデックス恐喝未遂事件の裏側(3)ーー学研株流出犯身柄確保の真相 | トップページ | <連載コラム>心声天語(13)醜いアヒルの子 »