« <連載コラム>心声天語(1)「葉っぱのフレディー」 | トップページ | 二瓶絵夢被告保釈で、戦々恐々の政治家たち »

2008.03.21

“被害者”の「告発」チラシ配布に対し、信用金庫が配布禁止の仮処分申立

以前、本紙でも紹介した、信用金庫の不正融資詐欺疑惑を追及し続ける玉江峰子氏に対し、福岡ひびき信用金庫(本店・北九州市。旧新北九州信用金庫)がチラシ配布禁止の仮処分申立をしたことがわかった。その申立書によれば、玉江氏は昨年6月5日、福岡ひびき信用金庫本店を訪ね、「合併前の事件だが是非とも調べ直して欲しい」と要求。これに対し、信金側が同月26日に内容証明郵便で応じられない旨の通知したにも拘わらず、7月に入って2度に渡り質問事項を送付、さらにコンプライアンス室長宛に自分の作成した「信じてはいけない信用金庫」のHPを見てくれとメール。そして昨年12月から取引先にチラシ配布を始めたという(以下にそのビラを転載)。
2008年3月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載コラム>心声天語(1)「葉っぱのフレディー」 | トップページ | 二瓶絵夢被告保釈で、戦々恐々の政治家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40581364

この記事へのトラックバック一覧です: “被害者”の「告発」チラシ配布に対し、信用金庫が配布禁止の仮処分申立:

« <連載コラム>心声天語(1)「葉っぱのフレディー」 | トップページ | 二瓶絵夢被告保釈で、戦々恐々の政治家たち »