« 映画『君が代不起立』モデル教諭、ついに懲戒免職処分か!? | トップページ | <連載コラム>心声天語(4)都会の雑草 »

2008.03.30

NKFホールディングスに関し、疑惑呈する「チャート図」が登場

 本紙でも何度か疑惑を取り上げているジャスダック上場、いまや不動産事業に主力転換している「NFKホールディングス」(旧日本ファーネス工業)に関する「チャート図」(以下に掲載)が一部関係者の間に出回っている。3月27日、同社は子会社していた不動産会社「ユニバーサルハウジング」の全株式を瀬川一男氏なる人物に譲渡すると発表。2005年12月、NFKは約2億円を投じて同社を子会社化し、不動産事業主力への転換を図ったが、そのユニバーサルが債務超過になり、たったの5000円で譲渡するという。本紙はこのユニバーサルは別の不動産会社「明治建物」と親しい関係にあると報じたことがあるが、それを裏づけるように、昨年3月……。
2008年3月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 映画『君が代不起立』モデル教諭、ついに懲戒免職処分か!? | トップページ | <連載コラム>心声天語(4)都会の雑草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40695798

この記事へのトラックバック一覧です: NKFホールディングスに関し、疑惑呈する「チャート図」が登場:

« 映画『君が代不起立』モデル教諭、ついに懲戒免職処分か!? | トップページ | <連載コラム>心声天語(4)都会の雑草 »