« あの「日本ベンチャー協議会」が解散へ | トップページ | <書籍紹介>『反骨のコツ』(團藤重光・伊東乾。朝日新書) »

2008.03.16

「怪文書」も出た、川田龍平参議院議員の結婚相手

「彼女はCIAのスパイで、川田議員の出馬を知り、当選の可能性があると判断しCIAが接近させた可能性があります。薬害被害者や無所属議員等の情報を収集するために近づいた可能性があります」ーーこんな内容の「怪文書」が、関係各方面にFAXされたと思われるのは3月5日のことだった。前日の4日、全国紙は薬害エイズ訴訟の元原告、川田龍平参議院議員が結婚したことを報じた。ただし、この際、新婦の堤未果氏の実名や年齢などの情報も、2人の馴れ初めなどに関する情報も一切明かされなかったことから、大手マスコミからは「態度が悪い」といった批判も聞かれていた。そこに持って来て、この怪文書の登場だ。誤解のよいように結論を先にいえば、CIAのスパイなどというのはまったく根も葉もない話。ただ、以下に述べる理由から、2人は実名公表などを積極的にしなかったようなのだ。というのは……。
 2008年3月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの「日本ベンチャー協議会」が解散へ | トップページ | <書籍紹介>『反骨のコツ』(團藤重光・伊東乾。朝日新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40523468

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪文書」も出た、川田龍平参議院議員の結婚相手:

» 「川田龍平」についてのクチコミブログをピックアップ [クチコミブログをピックアップ]
川田龍平 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… [続きを読む]

受信: 2008.03.20 08:05

« あの「日本ベンチャー協議会」が解散へ | トップページ | <書籍紹介>『反骨のコツ』(團藤重光・伊東乾。朝日新書) »