« <講演紹介> 「髭(ヒゲ)隊長の陰謀」(ジャーナリスト・林克明) | トップページ | <書籍紹介>「それでもまだマンションに住みますか?」(逢坂文夫。『講談社+α新書』) »

2008.02.16

田中森一被告の再逮捕はあるか

 大手マスコミ既報のように、最高裁はこの2月13日までに、東京の石油卸商社「石橋産業」から約179億円相当の約束手形を騙し取ったとして、許永中被告と共に詐欺罪に問われていた、元東京地検特捜部検事で弁護士の田中森一被告に対し、上告棄却の決定を出した。これにより、田中被告を懲役3年の実刑とした2審・東京高裁判決が確定。田中被告は弁護士資格を失い、収監される。田中被告は64歳。昨年出した自伝で「無罪」を主張。同書はベストセラーにに。決して若くはないが、模範囚でいれば刑期は3分の2程度で済む。また、弁護士資格はなくても経営コンサルタントや企業顧問として、若い弁護士を手足に使えばいいわけで、社会復帰は十分可能との見方もある。だが、検察側ははそうはさせたくないというのが本音だろう。そこで……。
2008年2月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <講演紹介> 「髭(ヒゲ)隊長の陰謀」(ジャーナリスト・林克明) | トップページ | <書籍紹介>「それでもまだマンションに住みますか?」(逢坂文夫。『講談社+α新書』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40145995

この記事へのトラックバック一覧です: 田中森一被告の再逮捕はあるか:

» 大田勝のスキャンダル [化粧品会社「ヴァーナル」裏情報]
ヴァーナルの取締役に就任していた大田愛は、大田勝の娘であり、子会社のヴァーナル研究所の代表でもある。この会社が資金放出のために作られた会社と噂されている会社である。このことも特別背任として認識していいようだ。 バーニング銃撃事件を引き起こした許永中の逃亡資金... [続きを読む]

受信: 2008.03.05 15:31

« <講演紹介> 「髭(ヒゲ)隊長の陰謀」(ジャーナリスト・林克明) | トップページ | <書籍紹介>「それでもまだマンションに住みますか?」(逢坂文夫。『講談社+α新書』) »