« “危ない上場企業”などへの投資家間で仲間割れ。刑事告訴へ | トップページ | <記事紹介>「歌舞伎町は犯罪者の巣窟ーー九龍城と化した」『盛り場アンダーワールド』(本紙・山岡。別冊宝島スペシャル。宝島社) »

2008.02.09

御手洗冨士夫・日本経団連会長(キヤノン会長)疑惑の地元企業に就任していた2人の有名人

 この疑惑、キャノン子会社の大分市への工場誘致で仲介していた、御手洗冨士夫氏の子供時代の親友・大賀規久氏が最大のキーマンだが、彼が代表を務める「大光」と「ライトブラック」に興味深い人物が就任していた。前者には、大臣まで務めた政治家公設秘書(当時)で、後に公共工事の口利きで実刑を食らった御仁。後者は、国税庁の“ノンキャリのドン”とまで言われ、退官後、大企業の顧問あどをしている。安倍晋三元首相の疑惑の霊園の理事に就任していたこともあった。その2人とは……。
 2008年2月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
 

|

« “危ない上場企業”などへの投資家間で仲間割れ。刑事告訴へ | トップページ | <記事紹介>「歌舞伎町は犯罪者の巣窟ーー九龍城と化した」『盛り場アンダーワールド』(本紙・山岡。別冊宝島スペシャル。宝島社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40060618

この記事へのトラックバック一覧です: 御手洗冨士夫・日本経団連会長(キヤノン会長)疑惑の地元企業に就任していた2人の有名人:

« “危ない上場企業”などへの投資家間で仲間割れ。刑事告訴へ | トップページ | <記事紹介>「歌舞伎町は犯罪者の巣窟ーー九龍城と化した」『盛り場アンダーワールド』(本紙・山岡。別冊宝島スペシャル。宝島社) »