« ネスレ日本で、解雇撤回を勝ち取った労働者を、管理職等が取り囲みイジメ | トップページ | 亀岡偉民代議士「怪文書」も指摘する「アジア刑政財団」とパシコン捜査の関わり »

2008.02.05

明治安田生命の注目される「不払い訴訟」

「明治安田生命保険」といえば、05年に発覚した不払い問題で、金融庁から最初の業務停止命令を受けたように、営業優先経営の典型的生保と見られる。その明治安田生命を相手取った、注目すべき「不払い訴訟」(生命保険金等請求事件)が現在、東京地裁で審議されている。原告は建設関係の中小企業と代表者。原告は当時の代表者を被保険者とした生命保険契約を1995年2月に明治安田生命との間で結び、6年以上、毎月保険料を払って来た。そうしたところ、前代表者は2001年4月、心筋梗塞により横浜市戸塚区内の病院で死亡したので……。
2008年2月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ネスレ日本で、解雇撤回を勝ち取った労働者を、管理職等が取り囲みイジメ | トップページ | 亀岡偉民代議士「怪文書」も指摘する「アジア刑政財団」とパシコン捜査の関わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40002161

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命の注目される「不払い訴訟」:

» 明治安田生命・・・どうなんでしょ。 [名無しの毒ブログ]
明治安田生命にご立腹です。 誹謗中傷する気はないので、事実だけを箇条書きにさせていただきます。 2008年 1/24(木)  担当者が契約内容確認書を持ってくる。  保険金が支払えないので不払い状態のため、どうするか、と言うこと。  私が不在だったため、家族に渡される。  私がいるのは夕方5時過ぎで、5時半ごろ担当者から電話あり。  払えないので解約の話をすると、書類を作るのに時間が掛かるので、月曜日に伺うとのこと。  証書が必要なので用意しておいて欲しいとのこと。  私がい... [続きを読む]

受信: 2008.02.06 18:48

« ネスレ日本で、解雇撤回を勝ち取った労働者を、管理職等が取り囲みイジメ | トップページ | 亀岡偉民代議士「怪文書」も指摘する「アジア刑政財団」とパシコン捜査の関わり »