« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(129)「ドリームインキュベータが投資するIT系企業に疑惑浮上」 | トップページ | 現在も表示があった「千年の杜」社長の問題会社 »

2008.02.28

イージス艦衝突ーー密かに公安が動いていたとんでもない理由

 例のイージス艦衝突事故は、本紙既報の通り、次々と新事実、そして怠慢としかいいようがないイージス艦、防衛省側の対応が露見しているのはご存じの通り。見張り員等は(マイク付きヘッドホンで)情報を共有しており、伝令に自己判断で伝えないことなどあり得ないと本紙は報じたが、奇しくも「毎日新聞」も、「見張り員は本来、(相手が避けてくれると思ったと)判断する立場にない」との統合幕僚監部の幹部の声を報じている。そんななか、仰天すべき情報が入って来た。わが国公安が、未だ行方不明の「清徳丸」の2人につき、事故当初、ある可能性もあるとして身元調査などを行っていたというものだ。誤解の無いように最初に断っておくが、その可能性はほどなく消えたという。だが、未だ防衛省内ではその疑惑はくすぶり続けているという。その驚くべき、公安が抱いた“疑惑”とは……。
2008年2月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(129)「ドリームインキュベータが投資するIT系企業に疑惑浮上」 | トップページ | 現在も表示があった「千年の杜」社長の問題会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40300740

この記事へのトラックバック一覧です: イージス艦衝突ーー密かに公安が動いていたとんでもない理由:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(129)「ドリームインキュベータが投資するIT系企業に疑惑浮上」 | トップページ | 現在も表示があった「千年の杜」社長の問題会社 »