« やはり香港に渡っていた「ABCホーム」塩田大介会長 | トップページ | <記事紹介>「逮捕直前にキーマンが証言したライブドア事件『沖縄自殺』」(『週刊朝日』2月29日号) »

2008.02.22

イージス艦事故ーー居眠り? 世間話で伝令届かず? プロが推理する衝突の真相

 この前代未聞の事故、防衛省の調べでも、海上自衛隊のイージス艦「あたご」の見張り員は、少なくとも衝突の12分前には漁船の灯火を目視で確認していたとみられると、すでに昨日全国紙で報道されている。この時点であたごが回避行動をとるか、サーチライトで漁船を照らし、同時に何らかの音を発するといった適切な行動をとっておれば、両船は約8・9㌔離れていたというから、両船の速度からして問題なく衝突は回避できたことになる。だが、現実には衝突した。常識的に考えれば、あり得ないことが起きたわけだ。では、なぜ衝突したのか。すでに大手マスコミでは、何人もの専門家と称する者がその原因をコメントしている。だが、本紙に見解を明かしてくれたのはイージス艦にも精通したまさにプロ中のプロ。防衛省側は誰も外部に見解を明かさないが、そのプロが、少なくとも現状、これが彼らの統一見解と言い切る推測される衝撃の原因とは……。
2008年2月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« やはり香港に渡っていた「ABCホーム」塩田大介会長 | トップページ | <記事紹介>「逮捕直前にキーマンが証言したライブドア事件『沖縄自殺』」(『週刊朝日』2月29日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40215825

この記事へのトラックバック一覧です: イージス艦事故ーー居眠り? 世間話で伝令届かず? プロが推理する衝突の真相:

« やはり香港に渡っていた「ABCホーム」塩田大介会長 | トップページ | <記事紹介>「逮捕直前にキーマンが証言したライブドア事件『沖縄自殺』」(『週刊朝日』2月29日号) »