« 日教組、研修拒否ホテルの親会社は外資サーベラスが筆頭株主 | トップページ | 中田宏横浜市長下半身スキャンダルとの関連ーー天下りメール受信男逮捕の背景 »

2008.02.03

<雑誌紹介>「冤罪File」(2008年3月号=創刊号。発行・キューブリック)

 裁判官も人間である以上、冤罪事件が出るのは当然。しかも裁判官も教師同様、特に最近は世間知らずの者が多いし、サラリーマン化しているように見受けられる。となれば、国側が被告、また、世間一般が注目する訴訟となれば真理そのものより、国側に有利、また世間におもねる判決を出しても少しも不思議ではない。こうしたなか、痴漢冤罪事件が多発、一方で、裁判員制度も開始されようとしているなか、冤罪事件専門の一般雑誌が創刊されることは自然なことどころか、ようやくという感さえする。
2008年2月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 日教組、研修拒否ホテルの親会社は外資サーベラスが筆頭株主 | トップページ | 中田宏横浜市長下半身スキャンダルとの関連ーー天下りメール受信男逮捕の背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17935850

この記事へのトラックバック一覧です: <雑誌紹介>「冤罪File」(2008年3月号=創刊号。発行・キューブリック):

« 日教組、研修拒否ホテルの親会社は外資サーベラスが筆頭株主 | トップページ | 中田宏横浜市長下半身スキャンダルとの関連ーー天下りメール受信男逮捕の背景 »