« 「エリアリンク」を脅したフリーライターの動機(三田佳子2男との意外な接点) | トップページ | 本紙指摘の無認可共済「全国養護福祉会」、違法販売継続で業務停止へ »

2008.02.24

インペリアル訴訟での最高裁初判断ーーJPB・磯辺裕樹前代表VS出資者訴訟にも影響か

 2月19日に報じたように、海外ファンド・インペリアル関連訴訟で最高裁が初判断を下した件は、「日本プライベートバンクコンサツタンツ(JPB)」(前代表・磯辺裕樹氏)なるプレイベート・バンクと出資者との訴訟にも影響を及ぼす可能性があり、注目される。そうなると、JPBも投資に失敗した投資先の責任という逃げ口上は通用しない可能性が出て来る。今回の最高裁判断に先立ち、磯辺氏に対しても、すでにいくつも出資金返還等請求事件が提起されているが、本紙は興味深い事実を掴んだ。磯辺氏の自宅に関することだ。
2008年2月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「エリアリンク」を脅したフリーライターの動機(三田佳子2男との意外な接点) | トップページ | 本紙指摘の無認可共済「全国養護福祉会」、違法販売継続で業務停止へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40246876

この記事へのトラックバック一覧です: インペリアル訴訟での最高裁初判断ーーJPB・磯辺裕樹前代表VS出資者訴訟にも影響か:

« 「エリアリンク」を脅したフリーライターの動機(三田佳子2男との意外な接点) | トップページ | 本紙指摘の無認可共済「全国養護福祉会」、違法販売継続で業務停止へ »