« 田中森一被告の再逮捕はあるか | トップページ | 「吉本興業」創業家側、新たな内紛の裏事情 »

2008.02.17

<書籍紹介>「それでもまだマンションに住みますか?」(逢坂文夫。『講談社+α新書』)

 正式な題名『長男・長女は……』ではなく、帯の文面をこの記事では記したのは、東海大学医学部講師の著者は、本当は「高層マンションに住むのは健康に良くない」といいたかったが、それではゼネコンやマンション業者から猛烈な反発を食らうことを懸念し、曖昧なタイトルにしたというからだ。実際、本書ではぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎から流産まで、一戸建住宅や3階建てアパートなどに比べ、マンション特に10階以上に住む子供や主婦の割合が異常に高いと報告されている。しかも、筆者は20年以上前に、今日では常識となったシックハウス症候群を警告した、公衆衛生学の第一人者なのだ。
2008年2月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 田中森一被告の再逮捕はあるか | トップページ | 「吉本興業」創業家側、新たな内紛の裏事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40159159

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「それでもまだマンションに住みますか?」(逢坂文夫。『講談社+α新書』):

» それでもマニアックス [それでもサイト]
それでものリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008.02.28 09:15

« 田中森一被告の再逮捕はあるか | トップページ | 「吉本興業」創業家側、新たな内紛の裏事情 »