« 「世界のネスレ」の人権侵害に、本社前で抗議デモ | トップページ | 「大京」でも「偽装請負」、「給与天引」疑惑 »

2008.02.20

詐欺疑惑・「時事評論家」増田俊男氏の言い分

 本紙でも既報の、1月24日、警視庁に「時事評論家」の増田俊男氏が告訴され、「読売新聞」がそれを報じた件だが、その後、どうなったのだろうか。あくまで自分は「投資家代表」に過ぎず、運用は別のノンバンク会社が行っていると、投資詐欺にお決まりの「自己責任」を主張するのか思いきや(その主張も勧誘資料に虚偽記載があるなどすれば、先の最高裁判例で難しくなって来ている)、一部担保物件を競売にかけたものなどもあるが、「競売価格は元利合計の数倍になる」ものなど、いずれにしろ債権回収は100%確保できるのでまったく問題ないとしか読めない結論になっている。それだけ自信があるのなら……。
2008年2月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「世界のネスレ」の人権侵害に、本社前で抗議デモ | トップページ | 「大京」でも「偽装請負」、「給与天引」疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/40190151

この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺疑惑・「時事評論家」増田俊男氏の言い分:

» キャッシングの審査が甘い会社 [キャッシングの審査が甘い会社]
キャッシングの審査が甘い会社 [続きを読む]

受信: 2008.02.20 10:43

» 2:8の法則 [優良情報商材・書籍を探せ!「目利きの館」]
世の中には「2:8の法則」なるものがあるようです。たとえば、2割の優秀なビジネスマンが8割方の仕事をこなす。たとえば、投資で利益を上げることができるのは全体の2割にしか満たない。... [続きを読む]

受信: 2008.02.28 23:55

« 「世界のネスレ」の人権侵害に、本社前で抗議デモ | トップページ | 「大京」でも「偽装請負」、「給与天引」疑惑 »