« これが「日本ファースト証券」が業務停止処分を受けた決定的内部資料 | トップページ | <記事紹介>「『新テロ法案』衆院再議決は“憲法違反”だ」(『週刊朝日』。08年1月25日号) »

2008.01.19

鵜川昇理事長を追うように死去していた、「桐蔭学園」創設者御曹司

 文武両道の総合学園として全国的に知られる「桐蔭学園」の鵜川昇理事長が昨年11月に死去した。このことは一般報道でご存じの読者もいることだろう。だが、そのわずか1週間ほど後、桐蔭学園創設者・柴田周吉氏の息子で、学園元理事の柴田紘次氏が後を追うかのように死去していたことは一般には知られていない。情報提供者は、「因縁のようなものを感じました。柴田さんは、鵜川理事長は父の学園を“乗っ取った”とんでもない人物だとして、各マスコミに情報提供。結果、名誉毀損にもとづく民事訴訟などで何度も激しく争っていましたからね」。死人に鞭打つつもりはないが、鵜川氏が理事長に就任する前、学園資金を私欲のために流用していた疑惑は極めて真っ黒に近かった(以下に、疑惑を裏づける手形コピーなど掲載)。
2008年1月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« これが「日本ファースト証券」が業務停止処分を受けた決定的内部資料 | トップページ | <記事紹介>「『新テロ法案』衆院再議決は“憲法違反”だ」(『週刊朝日』。08年1月25日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17746224

この記事へのトラックバック一覧です: 鵜川昇理事長を追うように死去していた、「桐蔭学園」創設者御曹司:

« これが「日本ファースト証券」が業務停止処分を受けた決定的内部資料 | トップページ | <記事紹介>「『新テロ法案』衆院再議決は“憲法違反”だ」(『週刊朝日』。08年1月25日号) »