« <書籍紹介>『闇社会の守護神と呼ばれてーー反転』(田中森一。幻冬舎) | トップページ | 読売「普天間基地移設政府譲歩」スクープを背後で仕掛けた地元フィクサー »

2008.01.05

パシコン・荒木民生元社長ら、月内にも詐欺容疑で立件か

 本紙が徹底追及して来た、世界的建設コンサルタントグループ持ち株会社「パシフィックコンサルタンツグループ」の社長などを務めていた荒木民生元社長らが、国が中国で進めている遺棄化学兵器処理事業費を約1億2000万円水増し請求した件で月内にも立件されると、「読売新聞」が元旦の1面で大きく報じた。当初、関係会社PPMの社長でもあった荒木氏による特別背任容疑との見方がされていたが、グループぐるみで国に水増し請求したとして詐欺罪で立件する方針を固めたという。こうなると、荒木氏ないし荒木一派に止まらず、パシコン自体もダイレクトに罪に問われ得るわけだから、まさに同社存亡の危機ともなり得るのではないか。
2008年1月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『闇社会の守護神と呼ばれてーー反転』(田中森一。幻冬舎) | トップページ | 読売「普天間基地移設政府譲歩」スクープを背後で仕掛けた地元フィクサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17587731

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生元社長ら、月内にも詐欺容疑で立件か:

« <書籍紹介>『闇社会の守護神と呼ばれてーー反転』(田中森一。幻冬舎) | トップページ | 読売「普天間基地移設政府譲歩」スクープを背後で仕掛けた地元フィクサー »