« 久間章生元防衛相「1億円転借」の背後にイラク人脈 | トップページ | フージャースコーポションが起こしていた、もう一つの訴訟 »

2008.01.26

防衛省汚職、捜査は政界へーー改めて注目される秋山直紀氏参院参考人質疑のこの部分

 守屋武昌前防衛事務次官の捜査が終結。これから東京地検特捜部は政界へどれだけ切り込めるか注目されるが、その上で、山田洋行のみならず防衛関連企業と政界とのパイプ役を務めて来た秋山直紀氏側へのカネの流れが注目される。その点、先の参院参考人質疑で出た2つの点は特に興味深い。一つは、福岡県苅田町の毒ガス事業の件ほど知られていないが、それに先立ち神奈川県寒川地区の毒ガス処理事前調査で、同じく安保研が約8000万円も受注していた。そして、その事前調査に山田洋行社員と思われる者が同行していた件だ。もう1つは秋山氏の東京都目黒区の自宅が、担保が付いていたところ、実質、米国系企業がその借金を肩代わりしてあげたとの疑惑だ。
2008年1月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 久間章生元防衛相「1億円転借」の背後にイラク人脈 | トップページ | フージャースコーポションが起こしていた、もう一つの訴訟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17839486

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省汚職、捜査は政界へーー改めて注目される秋山直紀氏参院参考人質疑のこの部分:

« 久間章生元防衛相「1億円転借」の背後にイラク人脈 | トップページ | フージャースコーポションが起こしていた、もう一つの訴訟 »